わたしたちの教室では、自分で「考える」習慣を身に付けることで、将来社会で必要な「生きる力」を身に付け、子どもたちの未来の選択肢を広げる教育を目指しています。

お知らせ

トピックがありません。

プログラミングって何?

プログラミングって何?

装置やパソコンに動いてもらうための命令を「プログラム」と言います。その命令を作っていく作業が「プログラミング」です。

スマホやゲーム、様々な家電や自動車など、私たちの周りにはプログラムによって制御されたもので溢れています。
金融取引や企業経営、スポーツ等、ありとあらゆる分野でコンピュータが活躍し、今やプログラミングの恩恵無しでは私たちの生活は通常に機能しなくなっています。

プログラミングを学ぶ必要性って?

現代社会において、ITが存在しない業界はほぼ存在しません。そして、今後10年~20年内に機械に仕事を奪われ消失する職業が出てきます。最近では、ホテルやロボットのレストランなども実際に具現化してきています。

2020年度より小・中学校でのプログラミング教育の必修化が決定されました。それによりプログラミングを学ぶことが当たり前の時代になります。

これからの時代にプログラミングを学ぶことは、子どもたちの生きていくうえでの必須能力となってくるのではないでしょうか?

プログラミングを学ぶ必要性って?

どんなことを学ぶことができるの?

ロボットの組み立てとプログラミングの両方を同時に学びます。ロボットの組み立ては、たった10種類ほどのブロックを利用しておこないます。

「センサー」や「モーター」なども全てブロック型になっているため、簡単にブロックにつなげることができます。プログラミングは、CやJavaなどの専門的な言語入力は一切行いません。マウスだけでできる簡単操作なので、小学生から行うことができます。

重要なのは「プログラミング言語」を学ぶのではなく、「プログラミング的思考」を身に付けることです。

どんな効果が期待できるの?

①ロジカルシンキング(論理的思考力)
⇒物事を筋道たてて判断し、考えていく力

プログラミングを行うためには、まず「何がしたいのか」考えてから行う必要があります。そして、上手くいかない場合は、その「原因をみつける」必要があります。それが習慣となり「自ら考え、行動する力」を身に付けることができるのです。

②クリティカルシンキング(問題解決能力)
⇒問題を様々な角度から分析し、適切な答えを導き出す力

自分が正しいと思ったプログラムでも上手く動かない場合がよくあります。「本当に正しいのか?」と常に疑い、分析し、問題を見つけ、その解決方法を考えていくことが習慣となり、「問題解決能力」が養われるのです。

③ラテラルシンキング(自由な発想力)
⇒固定観念にとらわれず、自由な発想をする力

同じ動きをするプログラムでも「人によってプログラミングの仕方が違う」ことがあります。むしろ少しでも複雑になれば「全く同じプログラミングをすることはなく」子供たちの「発想力」によって様々なプログラムが完成するのです。

教室について

教室名 ハギュット学校 ロボット×プログラミング教室 瑞江校
住所

〒132-0015 東京都江戸川区西瑞江3-14-81

最寄駅
バス停

<電車>
瑞江駅から徒歩10分、一之江駅から徒歩12分

<バス>
バス停「京成バス 明和橋」から徒歩3分
バス停「京成バス 春江町3丁目」から徒歩3分

駐車場 

駐車場は4台までとなっております。
(駐車場が空いていない場合には、近隣の有料駐車場をご利用ください)

※当教室の駐車場までの路地は狭く、住民専用道路となっておりますので、いつでも停まれる速度で運転してください。

電話番号 03-5678-4011
(運営:株式会社ウェルフィールド)

入学金や授業料、教材費について

初月分
入学金  2,000円(税抜)
月謝 10,000円 (税抜)
設備維持費 1,000円(税抜) 
初回教材費 40,000円(税抜) 
合計金額 53,000円(税抜) 
次月分以降
入学金 0円(税抜)
月謝 10,000円 (税抜)
設備維持費 1,000円(税抜) 
初回教材費 0円(税抜) 
合計金額 11,000円(税抜) 

購入教材について

購入する「アーテックエジソンアカデミー教材」は、公立向け学校教材メーカーシェアNO.1のアーテック社の製品です。こちらの教材には、ご入学から2年分のキットが含まれております。
また、「イベント・検定・電池代・ブロック破損など」別途費用が掛かる場合があります。

曜日・時間帯や振替制度について

❶第1・3金曜日/第2・4木曜日(祝日除く)(1時限目:16時20分~ 2時限目:18時~)

❷開校している曜日・時間帯の中で月2回を選ぶ。

❸振替は、今月分の1回分のみを翌月まで振替可能。但し、先に月内分を消化してから振替可能とする。

カレンダー

28
 
29
 
30
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
1