ハギュット江戸川区ニュース一覧

夏は終わらない2020!ケーブルテレビ夏の高校野球 東・西東京大会生中継!

第102回全国高校野球選手権大会の中止のニュースに多くの人がショックを受けたと思います。
2020年の夏は今しかない!ずっと頑張ってきた「こども」達の成果を発揮させたい!と、誰もが思いました。

そんな中、「2020 年夏季東西東京都高校野球大会」の熱戦の模様を、各社のコミュニティチャンネルを通じて生中継でお届けします。
第102回全国高校野球選手権大会の中止をうけ、東京都高等学校野球連盟が独自に主催し開催するもので、
東と西の二つのトーナメントが無観客により行われます。

7月4日(土)の「組合せ抽選会」から放送を開始し「東・東京大会」は大田スタジアムの1回戦~決勝戦の計31試合、「西・東京大会」はダイワハウススタジアム八王子の1回戦から決勝戦の計32試合を、各大会のエリアでサービス展開するケーブルテレビで生中継いたします。
さらに、東・西東京大会ぞれぞれの優勝校により、8月10日(月)に行われる「東西決戦」も生中継いたします。

番組特設サイト(http://www.catv-hsbb.com/)や、Twitter(@CATV89TOKYO)上で#夏は終わらない2020 #ケーブル高校野球東京を使って、
応援メッセージを募集し生放送の番組内で、無観客により球場に入れない友人やファンからのチームに寄せる熱い想いを紹介します。
また、7月18 日(土)の開幕時から、各球場で開催される試合を、当日の夜にダイジ ェストで生放送いたします。 

高校球児たちの夏の闘いを、ぜひ地元のケーブルテレビでお楽しみください。 

【放送日時】
7月18日(土)~8月10日(月)
【3試合開催日】 8:55~最大延長18:00まで
【2試合開催日】 9:55~最大延長18:00まで 
*試合ダイジェスト 試合開催日 22:00~

梅原大吾さんをはじめとしたプロゲーマーによる『ゲームの力で子供を助ける』をテーマにしたチャリティイベントよりご寄付をいただきました!!

5月3日(日)12時からプロゲーマーである「梅原大吾」さんが開催した『ゲームの力で子供を助ける』というチャリティイベントに出演させていただきました!
梅原さんや他のゲーマーさん達が12時間ゲームを配信し、その合間に慈善団体の活動内容紹介や、インタビューなどを交えてお話ししながら、視聴者の方々が活動に賛同し寄付するといったイベントでした。

▼写真はインタビュー前の緊張している代表の様子です▼

 

視聴者だけでも1万人近くの前でお話するということで、不安もありましたが梅原さんからフォローいただき、無事に終えることができました。

ハギュット協会は12時すぐのトップバッターでお話させていただき、普通なら届かないところへの活動の様子やこどもたちの状況について発信することができ、多くの方々へ活動を知ってもらうことが出来て、とても良い経験になりました!
梅原さん自身も、子供とゲームの未来を広げるとても大きな1歩となリました。とコメントしてくださり、新しい形の寄付の在り方に驚かされるとともに、どんな形でも応援できるんだなと、感じました。

ご寄付いただきました募金につきましては、ハギュットの活動に有効に活用させていただきます!

主催「江戸川みんなの防災プロジェクト」による<防災ふらっとカフェ#9 新型コロナウイルスがあるなか、災害が起こったら ―簡単な答えはないけれど、あんどうりすさんとみんなで考えよう>が開催!

防災ふらっとカフェ#9 新型コロナウイルスがあるなか、災害が起こったら ―簡単な答えはないけれど、あんどうりすさんとみんなで考えよう

【江戸川区在住・在勤者対象】 防災ふらっとカフェ#9

新型コロナウイルスがあるなか、災害が起こったら
簡単な答えはないけれど、あんどうりすさんとみんなで考えよう

2020年6月6日 14:00 - 16:00
@オンライン(Zoom会議)

応募はこちら

新型コロナウィルスがあるなか、今災害が起こったら?

避難所は三密に?
今のうちのどんな備えをしておけばいいの?

決して簡単な答えは無いけれど、アウトドア防災ガイドとして全国で講演を行うあんどうりすさんと一緒に考えていき、ひとりひとりの災害への備えをパワーアップしていきたいと思います。
また、主催の「江戸川区みんなの防災プロジェクト」が今まで区民の皆さんと一緒に考えてきた防災準備ツールも共有します。

こんなときだからこそ、前向きに防災について考えていきましょう!
防災に詳しい方はもちろん、今回初めて防災に関心持ったという方も大歓迎!
イベント参加中はマイクやビデオ画面をオフにできますので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の方も是非ご参加ください。


※本事業は江戸川区で活動する「江戸川みんなの防災プロジェクト」実施しています。Zoomでお受けできる参加人数が限られているため、江戸川区在住・在勤の方(通学、ボランティア含む)、今まで「防災ふらっとカフェ」にご参加頂いた方、その他江戸川区にご関係のある方を対象に実施しております。

※手話通訳等の情報保障を致します。通訳者手配の関係でご希望の方は6/1までにお申込みフォームにてご希望する情報保障の種類をお知らせください。

========
講師紹介
========
あんどうりす

アウトドア防災ガイド。リスク対策.com名誉顧問 FM西東京パーソナリティ 阪神淡路大震災&アウトドア&子育て体験からいつも役立つ防災を2003年から提案。

========
主催
========
江戸川みんなの防災プロジェクト
「みんなで助ける、みんなが助かる」をコンセプトに、2018年から江戸川区で活動を続ける区民主体の防災ムーブメントです。
事務局は、子育て中の保護者、障害当事者、防災専門家等多様なメンバーで構成されています。

========
後援
========
江戸川区

========
助成
========
(公財)トヨタ財団

========
協力
========
江戸川ワーキングマザー交流会
(公社)東京都助産師会江戸川地区分会


========================

オンライン版への参加にあたってのお願い
========================

オンラインミーティングツール「Zoom」を使用して行います。事前に「Zoom」のインストールをお願いいたします
(使い方:https://hashikake.jp/articles/how-to-zoom-ep01)。

セミナー当日13:00までに、当日のオンライン講義のURLとパスワードをお送りいたします。

※当日の参加者側の環境での接続や音声の不備はフォローできかねますので、ご了承ください。

主催「江戸川みんなの防災プロジェクト」による<防災ふらっとカフェ#8 新型コロナウィルス対策とホームケア、防災について小児科医坂本昌彦先生と学ぼう>が開催!

防災ふらっとカフェ#8 新型コロナウィルス対策とホームケア、防災について小児科医坂本昌彦先生と学ぼう

【江戸川区在住・在勤者対象(ボランティア、通学含む)】 防災ふらっとカフェ#8


新型コロナウィルス対策とホームケア、防災について
小児科医坂本昌彦先生と学ぼう
ー日常にも役立つ情報も満載!ー

 2020年5月30日 14:00 - 16:00
@オンライン(Zoom会議)

応募はこちらから


新型コロナウイルスに関してたくさんの情報が溢れているけれど、どうやって正しい情報を見分けたらいい?
もし、今災害が起こったら?
避難生活でなかなか病院に行けない状態で子どもが発熱したら?

 
新型コロナウィルスが未だ収束しない今、みんなが持っている疑問について、小児科医のドクター、坂本先生と一緒に学ぶ企画をつくりました。坂本先生は、子どものホームケアについてわかりやすく役に立つ情報を伝えくれると評判の冊子&「教えて!ドクター」の総責任者です。

日常生活の子どものホームケアや防災を考える絶好の機会です。

お子さんのいらっしゃる方はもちろん、お子さんを支援している方、防災に関心がある方のご参加をお待ちしています。
イベント参加中はマイクやビデオ画面をオフにできますので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の方も是非ご参加ください。

 
※本事業は江戸川区で活動する「江戸川みんなの防災プロジェクト」実施しています。Zoomでお受けできる参加人数が限られているため、江戸川区在住・在勤の方(通学、ボランティア含む)、今まで「防災ふらっとカフェ」にご参加頂いた方、その他江戸川区にご関係のある方を対象で実施しております。

※手話通訳等の情報保障を致します。通訳者手配の関係でご希望の方は5/25までにお申込みフォームにてご希望する情報保障の種類をお知らせください。


========
講師紹介
========
小児科医 坂本昌彦先生 
佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。読売新聞ヨミドクター 角川書店 「マンガでわかる! 子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK」監修

========
主催
========

江戸川みんなの防災プロジェクト
「みんなで助ける、みんなが助かる」をコンセプトに、2018年から江戸川区で活動を続ける区民主体の防災ムーブメントです。
事務局は、子育て中の保護者、障害当事者、防災専門家等多様なメンバーで構成されています。

========
後援
========
江戸川区

========
助成
========
(公財)トヨタ財団

========
協力
========
江戸川ワーキングマザー交流会
(公社)東京都助産師会江戸川地区分会

========================
オンライン版への参加にあたってのお願い
========================

オンラインミーティングツール「Zoom」を使用して行います。事前に「Zoom」のインストールをお願いいたします
(使い方:https://hashikake.jp/articles/how-to-zoom-ep01)。

セミナー当日13:00までに、当日のオンライン講義のURLとパスワードをお送りいたします。

※当日の参加者側の環境での接続や音声の不備はフォローできかねますので、ご了承ください。

感染予防を改めて確認し、大切な人をまもろう。動画<親子で感染予防「咳エチケット&手洗い」するぎゅ!?>

緊急事態宣言が4月7日に出されてから3週間。。
感染者が減っているかというと、まだ、そうとは言えない毎日が続いています。
新型コロナウイルスから大切な人をまもるには、きちんとした予防対策を再確認して、感染拡大防止しましょう!

ハギュットマンとバグるんが説明している<親子で感染予防「咳エチケット&手洗い」するぎゅ!?>をもう一度観て、親子で手洗いしてください!
ボイス付きでつくっていますので、とてもわかりやすいですよ☆彡
これをみて、新型コロナウイルスから大事なこどもたち、家族をまもりましょう。
それが最終的には、私たちが住んでいる日本を守ることになると思います。